自作タイラバセット方法

今回のタイラバ仕掛けの自作のコンセプトは

・材料費がかさまないこと

・釣場(船の上)で、簡単に交換できること

と最初に申し上げました。

これまでの作成手順では、そのことを念頭に述べてきました。

ヘッド(オモリ)、擬餌部分のパーツ(ネクタイ、スカート、タイラバフック)をバラバラに作成し、釣行日、出船前にでも、スタートの組み合わせを決め、セットし、釣り開始後も、ネクタイ、スカートのボリューム、カラーチェンジや、ヘッドの交換が手早くスムースに行えるように出来たでしょうか。

一応の手順を確認しておきたいと思います。

 

① タイラバフックを決めます。
これは、段差タイプです。

② スカートを決めます
これは、少しボリューム感を出すセットです。

③ ネクタイを決めます
これは、オレンジのストレートタイプです。

④ 全てのパーツの色のコントラストを確認します。
  今回はオレンジをベースにしています。
⑤ スカートをセットします
まず、タイラバフックに通してあるチューブと発光玉をコブより上に上げ、コブとその間にスカートを通していきます。今回は両側が同じくらいの長さになるようにしてあります。

⑥ ネクタイをセットします
​⑤のスカートと同じようにネクタイを通します。

⑦ チューブ、発光玉で固定します
スカート、ネクタイがコブのところにとどまるように、ゴムチューブ、発光玉で挟み込み固定します。ボリュームが少ないときは発光玉だけでも出来ます。

⑧ タイラバフックの上部のアシストラインをヘッドの穴に通します。
中通し竿のピアノ線のような道具を作っておいても良いですね。リーダをダイレクトに結ぶなら、ヘッドにリーダーを通してからリーダーをアシストラインに結びつければ簡単です。

 

タイラバを用いた鯛釣りというものは、どんな形状や、色を用いようとも、最も大切なのは着底後の底切りと、安定した巻上げ、そしてバラシの少ない針といわれます。

準備をしっかりして、タイラバを楽しむことにします。

 

皆さんの参考になれば幸いです。

 

 

 

 

 

自作がめんどくさいなら
セブンスライド

セブンスライド完成品

セブンスライド無垢オモリ

セブンスライド専用反射シート

セブンスライドスペアラバー

セブンスライドスペアフック

 

 

© 2018 タイラバ作り入門 rss